2018年6月19日火曜日

個人的に面白かった海外旅行に関する動画

  1. http://www.nicovideo.jp/watch/so27136228
  2. http://www.nicovideo.jp/watch/so30798542
  3. http://www.nicovideo.jp/watch/so33305770
  4. トラベル・ショー: ベツレヘム探訪 (字幕版)
  • 1は映画と旅行経験の比較をしていて、映画ではわからない事と、経験後に映画の凄まじさを保管できる変化がわかる。
  • 23は海外旅行童貞処女が1度の経験で変化した様。自分も1生に1度のつもりで行ったのだが、むしろ1度の経験で抵抗が無くなり、金と時間と動機を探しては行くようになった(と言っても自分はまだフランスとスペインの2回しか行ってない)。
  • 最後のトラベル・ショー: ベツレヘム探訪 (字幕版)はAmazonのBBCチャンネルが始まり、試しに見たもの。盲人が100カ国以上を旅行して、その1つをBBCが取り上げた。声をあげたら10人に1人くらいは助けてくれるとか、床で寝たなど、色色と経験談がある。BBCのスタッフがいたから彼の扱いが良かったのもあろうが、自分はヨーロッパという安全な国しか知らないが、英語がわからない得体の知れない日本人にMay Iと迷わずに声をかけて助けてくれた親切な人人がいるのを知っている。だから、この番組で彼を助けた人人も言うほどの嘘や演出ではないのもわかる。

2018年6月18日月曜日

「消しゴム」より「修正液」のほうが良い理由


浦沢直樹の漫勉 藤田和日郎を見て、何となく記憶に残っていた修正液。
  • 消した跡が残る
  • 消しながら、書く運動記憶と同様に機能する
1つ疑問があり、消えるボールペンは摩擦の「温度」で消えるので、高温の場所に放置してたら記述が消えてしまったという記事があった。
これも、うっかり置き忘れた場所で溶けてしまう事があるのだろうか。


Mac OS 10.7.5で使うHandbrakeは110じゃなく107

Macbook Pro Late 2011(OS 10.7.5)の起動ディスクがぶっ壊れてバージョンの問題と戦いながら何とか復旧できた

【地震】大阪で震度6弱

千利休の茶室 国宝「待庵」外壁ひび 各地で文化財被害

2018年6月15日金曜日

【化物語】大暮維人の漫画版 - 感想


  • 女キャラの目は小さめ
  • 元エロ漫画家にあるまじき乳首無し
  • 善くも悪くもシャフトを振り切れない演出
  • 背景がデジタルトレスで陰影が強く、怪異の描写はリアル系でグロく、出来事がちゃんと深刻に見える
  • 鋭い絵を描けるのに、萌え場面じゃない、戦闘で吹き飛んだりした衝撃で苦しむ戦場ヶ原ひたぎの顔が、完全に喘ぎ顔
  • 忍野メメはシャフトよりこっちのほうが良い
もともと絵だけは抜群だった大暮維人が今更漫画化しただけの事はある。
台詞や場所や状況など改変されてるが、もともと基準なんてあって無いような作品だし、どこまでもだらだらと続いてるシリーズを、しっかり面白く売り直すための改変だし、西尾信者ではない自分には、その点も気にならなかった。