2018年5月22日火曜日

【コード理論大全】現代の和声教本の完成型

コード理論大全
和声の教本は有名なのが何冊かあるが、やっと決定版が出た感じがする。
  • ローマ数字とコード名が併記されてる
  • 既述の情報は「Aは某章で説明したBから展開する」など本文に用語の記述箇所が明記されている
  • コードの基本は3和音なのに、なぜ和声では4和音(7度=導音)が基本なのか、最初に記されている
  • 分数コードの説明が明確=3度の除外
和声の本の多くはカデンツ(基本的なコード進行)を…
1-2-5-1
C-Dm-G-C
…から始める場合が多い。
カデンツ=ピタゴラス音律=5度進行という根源を理解してると、1-2-5-1は1-4…からの省略だとわかるが、昔の自分には、なぜ1-4…じゃなく省略されて1-2…なのか基準がわからず、この時点でひっかかっていた。

だが本書は1-2-5-1ではなく…
1-6-2-5-1
C-Am-Dm-G-C
…を基本として、そこから解説されていく。
理由は、6=Amは1=Cの代替和音で6=1、そして6=Amからドミナント進行である。
謎の省略なく簡潔な進行なので、これが採用されている。

進行の基本は、1つ以上の同音と、1つ以上の半音進行で展開する
最初に、これが説明されるので、本書の展開自体は、ドミナントから代理から転調と、数多の和声本と同じ順序の記述ながら、初学者が退屈でうんざりするドミナント進行も、派手な転調も、原理は同じで等しい動きなのだと、最初の数頁を読んだ初期段階で理解するのが容易。
ジャズが4和音(7度以上)を多く用いるのも、上記の同音か半音進行の条件を増やして、いつでもどこにでも自由に動きやすくする準備を常にしている、そういう発展をした音楽だと理解するのも容易。
クラシックの和声でも4和音=V7は最初の頁に書かれる程度の基本だが、本書はクラシック的な用語だけじゃなく、ジャズやポップスを前提とした現代的な総覧なので、コードはわかるのに、記述が何故かわかりにくいなど、入り口で間違えた印象を与えない。

クラシック系の和声で独学だと理解しがたいのが、禁則。
古典的な内容だと、禁則と断定されてる事が、不断よく聞く曲では平然とやられてる事がよくある。
本書も禁則は記述されてるが、理論の根拠となった時代も記述されてるので、納得できないまま暗記するのではなく、そもそも現代の我々と前提が違うと理解して、抵抗なく覚えられる。

今世紀で最もわかりやすい和声の本ではなかろうか。
たいがいの和声本は200頁前後だが、本書は400頁ありながら、よく整理されているし、最初から最後まで読むのではなく、箇所箇所を辞書のように利用するのも念頭に編集されているので、よほどがちがちなクラシック曲を書くのでなければ、もはやこの1冊さえあれば充分と言える。
自分が初学だった頃にこれが欲しかった。
そうすれば色色な理解が10年は早かっただろうに。


2018年5月5日土曜日

よつばと(14) 感想

前巻の婆が、あまりに漫画のキャラで、実際にある生活や人生における発見や感動とはかけ離れた内容であるために、もはや買う気を無くした本作。
人から借りて読んだが、悪くないのに面白く無い。
理由は以下。
  • よつばの反応は1巻から変わらない
  • よつばの反応が全てなので、場所や人の違いに意味が無くなっている
  • あさぎがただの美少女顔になってる
  • 父ちゃんの妹が、作品の意味において無関係で、ただ萌え豚を釣るための餌にすぎない
  • 散々アニメ化を避けてきたのに、主に海外ファンに向けたアニメ化への前振りのようになってきている
  • 作者の意図or作品の意味よりも角川の商売が強くなってきている(当然の権利ではあるが)
からかい上手の高木さんも同じだが、かつて、どこかの誰かが拾える「あるある」の集積だったのが、もはや誰の経験も関係ない萌え商品になった。
つまり、よくある、ネタ切れ。
続けるのが目的になっている。


2018年3月29日木曜日

PS4「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」発売が再開された

購入者に向けたメールが届いた。
このメールがくる前から、購入者に限りライブラリから再ダウンロード出来て、新規だけは検索にも表示されず購入できない時期があった。
今回のメールを契機にPSストアで検索したら、ちゃんと表示された。
理由は全く不明だが、発売が再開した。

スペインのムルチャンテに行ってきた

日本からスペインまでは約10,000km。
Murchante(Tudela)はMadridから北に300km

【写真】スペイン 2018-03-22_26

【予定】5宿8日(Google Map)
20日成田空港21:20
21日Dubai07:25
Madrid-Barajas12:40
↓電車(60分)
Madrid-Atocha15:00
Tudela17:15
↓6km/徒歩90分(実際は車で送迎だった=15分)
Murchante19:00
26日Tudela09:22
Madrid-Atocha11:20
Madrid-Barajas15:20
27日Dubai-Arr00:45
Dubai-Dep02:40
成田空港17:25
【予算】
航空料金(Emirates)¥140,070
高速電車 MadridからTudela往復¥24,500
The BUS 空港とMadrid往復5*2¥1,350eu10
宿泊40*3+30*2¥24,300eu180
t@biho(保険)¥5,260
イモトのWiFi8日間¥17,500
Navarcade3日間¥4,000eu30
現場で使用500eu準備¥10,000eu80
=約23万円。
【目的】
1996年のビデオゲームバトルガレッガ
2016年にPS4で発売してからプレイし始めたが、ビデオゲームの中でもマイナな作品でありながら20年以上プレイされ続け、それを今回スペインが輸入して遊べるイベントをやるというので、遊びにいってきた。



Murchanteの気温は10度。
2年前(2016年)に行った南フランスのOrangeからは800km
寒い。何よりも風が冷たく厳しい。
夜に、ちょっとした手違いで室内に入れない時があったが、2時間くらい放置されていたら凍え死んでいた自信がある。
手袋とダウンジャケットで正解だったが、コートでも良かった。
地元人もそれなりの格好をしているのだが、誰も手袋をしていないのに驚いた。
今日は温かいから手袋を取りなよ、と言われたが、自分には寒くて、とても外すような温かさではなかった。

高速電車の車窓から見えた風景は、マカロニウエスタン(Spaghetti Western)のような、ここは荒野のウェスタンだった。

宿泊場所の眼前が教会で、1時間毎に時報の鐘が鳴ってうるさかったw
カウボーイビバップ1話のアバンとおきてがみを思い出した。