2018年7月6日金曜日

アノマリサはアマテラス

数年前に予告だけ見て興味ありつつ、題名も存在も忘れていた。
今回アマプラに来たので思い出して見た。

【アノマリサはアマテラス】
事後の朝食でリサは太陽を背にしてる。
最後の手紙でも太陽を強調したような照明になっている。
意図なのか誤解なのか。
男による女の理想化がさめた時に、男が望んでるよりも女は醜いが、そこで見限るほどに醜いのだろうか…と言った感じか。
いずれにせよ、男に不都合な事を抱えながらも、自立した女は必要だし、それは男にも恩恵がある。

女が怒って帰るときに鞄が椅子にひっかかってたり、女がセックスの時に後頭部を軽くぶつけたり、芸が細かい。

マイケルケインのグランドフィナーレで子供がヴァイオリンで弾いてた曲あり。

執拗なクンニ描写。
なんだあれは。
セックスをフルタイムで見せるし。

最初は自主で、声は低予算だからかと思ったが、ストップモーションとしてはものすごい手間がかかってるしプロの意図した演出だった。

海外旅行あるあるにあふれてる。
ホテルの部屋鍵あかないのは、コメディとして何も面白くないが、フランスでもスペインでも経験した身からすると、そこそこ奇麗な場所でも細かい作りが雑で日本のようにいかない事を思い知って笑ったのを思い出した。

日本人形の桃太郎。
メロや歌詞や雰囲気が気に入ったのか、それとも、互いに同意した旅の成功例と現実の対比なのか。
男の成功を女の人形に歌わせてるのも、女による賛辞と批判は同様ということか。

ホテルの椅子に座り歌うリサの描写が美しく素晴らしい。
歌い方も自然で、音楽とは良くも悪くも状況を補強するための行動にすぎず、状況次第で伴奏もなく、うまくなくても、歌ってるとこを見て感動できる。

間違いなく売れない類の映画だが、予算や何やらで困った事もなく、しっかりと意図して作られ、何回も見ることは無いが、それでもいい歳した人間は、こういうのも年に1本は見とくべき類。
というか、こういう類がちゃんと楽しめるようになれば歳とった証拠か。
レイチェルワイズのコンプリートアンノウンの男版か。

2018年7月5日木曜日

【Hollow Knight】Switch版の感想

【賛】
  • 素人が空で描けるほどに単純化しながら個性的で愛らしいキャラクタ
  • 落下ダメージが無い
  • 空中で左右以外に上下にも攻撃を選択できる。
  • 素晴らしいアニメーションと背景。見た目で全く手抜かりがない。
  • 単純化したキャラで、人種も性別も問わずにやれる世界観。
  • 声優の素晴らしい演技。
  • 自然音を前提とした配慮ある音楽。
  • 視覚に負けない効果音。
  • 単純なゲーム性ながら、チャームの組み合わせでプレイヤそれぞれの個性と戦略性と維持。行き詰まったときに好きに変更できる融通性がソウルシリーズに勝る。
  • グラフィックと音が素晴らしいので、ちょっとした変化で隠し要素も気づく。
  • 特殊移動の選択が、メニュウで上下で選ぶのではなく、左の地域に行く場合には左に。右地域には右を向いて操作するので直感的。
【否】
  • ファストトラベルが限定的で不便
  • 先行入力がきかない。OverwatchのようにAを実行中にBを押しっぱなしで即B発動が出来ないのはともかく、Celesteのようにコヨーテタイムもない。無駄に格闘ゲームのようなフレーム単位の入力が必要。判断の早さと正確さが必要なビデオゲームは例外なくOverwatchやCeleste並の操作性を確保しろ。例えば攻撃中にメニュウが開けないなら、攻撃中にメニュウボタンを押しっぱなしで攻撃終了後に即メニュウが開くようにしろ。
  • 地図が不便。クイックマップは不要。全体マップに自在の拡大縮小があれば良い。無駄にクイックマップとメニュウからの全体マップ2種類ある。スタートとセレクトの2種類でそれぞれ異なるメニュウが出るが、スタートボタン1つで統一しろ。自分の情報を確認するのに十字Keyから親指で押すのはファミコンからの流れから言って明かに不自然。
  • 溜行動のキャンセルが出来ない。
  • 魔法R1とAの2つは無駄。R1を攻撃、Aは回復だけと役割分担させろ。誤爆などを全く考えにない。
  • 能力が揃って面白くなるまでに時間がかかる。
  • 難易度が高すぎる。救済が無い。
  • キーコンフィグが出来ない。
  • Switch携帯モードはゴミ。
  • 本作の暗い画面が見えない。明るくすると白が明るすぎる。
  • 常に親指でボタン4つに備えるようなゲームは全く出来ない。
細かい操作性とUIの不備はあり、そこはかなり苛苛する。
しかし、SFC時代なら1万円で売られててもおかしくない品質。
不備はあれど手抜きはない。
メトロヴァニアという仕様上、ある種の快適さは無いので、ジャンルの前提と、操作感覚の不一致と設定変更不能を無視できるなら、もはやインディとは言えない2Dビデオゲーム新たなスタンダード。

2018年6月19日火曜日

個人的に面白かった海外旅行に関する動画

  1. http://www.nicovideo.jp/watch/so27136228
  2. http://www.nicovideo.jp/watch/so30798542
  3. http://www.nicovideo.jp/watch/so33305770
  4. トラベル・ショー: ベツレヘム探訪 (字幕版)
  • 1は映画と旅行経験の比較をしていて、映画ではわからない事と、経験後に映画の凄まじさを保管できる変化がわかる。
  • 23は海外旅行童貞処女が1度の経験で変化した様。自分も1生に1度のつもりで行ったのだが、むしろ1度の経験で抵抗が無くなり、金と時間と動機を探しては行くようになった(と言っても自分はまだフランスとスペインの2回しか行ってない)。
  • 最後のトラベル・ショー: ベツレヘム探訪 (字幕版)はAmazonのBBCチャンネルが始まり、試しに見たもの。盲人が100カ国以上を旅行して、その1つをBBCが取り上げた。声をあげたら10人に1人くらいは助けてくれるとか、床で寝たなど、色色と経験談がある。BBCのスタッフがいたから彼の扱いが良かったのもあろうが、自分はヨーロッパという安全な国しか知らないが、英語がわからない得体の知れない日本人にMay Iと迷わずに声をかけて助けてくれた親切な人人がいるのを知っている。だから、この番組で彼を助けた人人も言うほどの嘘や演出ではないのもわかる。

2018年6月18日月曜日

「消しゴム」より「修正液」のほうが良い理由


浦沢直樹の漫勉 藤田和日郎を見て、何となく記憶に残っていた修正液。
  • 消した跡が残る
  • 消しながら、書く運動記憶と同様に機能する
1つ疑問があり、消えるボールペンは摩擦の「温度」で消えるので、高温の場所に放置してたら記述が消えてしまったという記事があった。
これも、うっかり置き忘れた場所で溶けてしまう事があるのだろうか。


Mac OS 10.7.5で使うHandbrakeは110じゃなく107

Macbook Pro Late 2011(OS 10.7.5)の起動ディスクがぶっ壊れてバージョンの問題と戦いながら何とか復旧できた